【国語の文章題がニガテな方へ】解き方の紹介

国語の文章題を解くコツと、塾での対策方法について書いています。

宮崎県の県立入試を受ける方はぜひご覧ください!

自分の意見ではなく「正しい意見」を答える

まずはこのような、国語の「物語文」の対策について書いていこうと思います。

国語の物語文では、つい自分の意見を答えたくなりますが、それでは安定して正解を得ることができません。

「この人が可哀想だから」と自分が思っても、物語内では以外とその人は気にしてなかったりするんですよね(((^^;)

なので、「この問題にふさわしい答えは何か?」を客観的に考えて答える必要があります。

そのためには、

「文章を最後までよく読むこと」

「登場人物の心情を把握すること」

を意識してください。

国語の物語文は「その場にいる」感覚で文章を読もう!

評論文では「一般論」を答える

評論文の場合は、「普遍的な答え」を求められがちです。

つまり、「常識的に考えて、こう答える」

みたいな考え方が必要なんですね。

なので評論文の問題では、「常識からかけ離れた選択肢」は外して構いません。

それと、「言い過ぎた選択肢」も発見したら外しておきましょう。

言い過ぎた選択肢とは、具体的には

「必ず」「だけ」「すべて」「絶対」「常に」「のみ」

などの言葉が文中に含まれているものです。

少し分りずらいですが、上の選択肢(問6)だと「ア」がそうです。

自然科学だけではなく~」と、「だけ」が入っているので「ア」は不正解です。

ニュースや新聞などで一般教養を身に付けるのも良し!

塾での対策について

国語の文章題は、「サッと読んだ人が選びがちな選択肢が不正解になる」パターンが良くあります。

現役の学生さんなら良く分かると思いますが、

「○○という言葉が文章中にあって選択肢にも○○という言葉があったから、それを選んだ!」みたいな場合ですね。

一見すると正解しそうなんですが、そんな浅い考えだとやはり正解率は低いです。

逆に文章中には入っていないけど、「類義語として選択肢にある場合」は正解になりやすいです。

その辺のアドバイスも踏まえつつ、

塾では生徒の「問題に対する答え方」を確認しながら、正解率が上がるような指導を行っています!

まとめ

宮崎県の県立入試は

大問1が「物語文」

大問2が「評論文」

になっていて、どちらも配点が高いです。

この2つをしっかり抑えるだけで高得点を目指せるので、国語がニガテな方はまずは過去問で大問1~2を練習してみてください!

鷹尾校line友だち追加
ABOUT US
Tsumagari TakumiTsumagari Takumi
宮崎県都城市にある松陰塾 鷹尾校の塾長。 完全個別指導ならではの、一人ひとりに合った学習サポートでしっかり学力を伸ばします。 最近はヤマダ電機と都城市立図書館がお気に入り。